スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初出荷

初出荷1
初出荷2

昨年末より、お手伝いしてきた
ヤマデ農園さんたちのポンカンの販路拡大事業。
本日、なんとか初出荷にこぎつけることができました。
県内十数か所の直販市での販売です。
どんどん売れてくれるといいなあ。

なんとか

こんにちは、アバラマンです。
毎年、12月30日には餅つきをしなければならないので、
それまでに肋骨の痛みは軽くなるだろうかと心配していましたが、
なんとか、杵を振り上げることができそうな程度まで回復しました。やれやれ。

さて、25日のイルミネーションイベントで、今年のボランティア活動も終わりました。
来年もまた、まちおこし仲間と楽しく活動できたらいいな・・・。

サンタマン2
サンタマン3
サンタマン5

こちらはサンタマン。ちょっと大柄な保育園児に見えますが、そうではありません。

サンタマン1

昔は、後ろのホットドッグマンと同じくらい背があったそうですが、
だんだん縮んでしまったという、気の毒な大人です。
ステージネームは、AKB51といいます。

骨折り

ちょうど一週間前の午前中のこと。
「すべからく」の出店者でもある
安和のヤマデ農園さんのポンカン畑を取材に行きました。

農園から太平洋を

小春日和で、こんな風景が眼下に広がっていて、
快調に撮影が進みました。


ポンカン寄り
出間クン

収穫しているイケメンが、ヤマデ農園三代目です。


農園山道

共同で取材に行った、NPOまちづくり須崎のスタッフSさん。
彼女は、師匠と呼びたい名うてのブロガーであります。
撮影の構図などが斬新なので、私は彼女の後ろについて真似をして撮影しておりました。

このショットを撮ったすぐ後でした、
足を滑らせて尻もちをついたとき、
写真に写っている運搬用モノレールのレール部分にわき腹が当たりました。
その瞬間ゴキッという音がして、
あれ、これは関節が鳴った音じゃろか、それとも・・・。

けっこー痛かったけど、
見られていなかったのを幸いに、
Sさんには何も言わずに、知らん顔で一緒に帰途につきました。

病院嫌いで、少々の怪我や風邪などでは医者にかからない私ですが、
(たぶん健診以外では10年以上行ったことがない)
レールが当たった瞬間の「ゴキッ」が気になって、
このときばかりはすぐ診察を受けました。

結果は、第八肋骨の骨折。

ヒビが入ってた程度ですけど・・・
その夜、翌日、翌々日と次第に痛みが増してきて・・・
けっきょく2日半間仕事を休んで寝たんですけど、
3日目の土曜日には、またイベント(川端イルミネーションプレイベント)の音響係を引き受けていたので、
痛むカラダに鞭打って、出動しました。

イルミ1演奏

不幸中の幸いというか、現場は自宅前の屋根付き休憩所で、
機材の運搬は、ぜんぶ仲間にやってもらいましたので、なんとかできたのですね。

イルミ1販売スタッフ

で、あれから一週間。
まだ笑ったり洟をすすったりすると痛むけど、予想外に順調に回復しています。
どっちかいうと高齢者の部類なので、治りが遅いと思うてたので。

何でもない場所が、年寄りには危険な場所になる。
そんなことを思い知らされた経験でしたー。

ラブ・アンド・ピース

SHINちゃんは
愛とゆーより、金でナニするヒトですし、
平和について語るのを耳にしたことは一度もないのですが
どういうわけか「LOVE & PEACE」という音楽イベントを主催していて、
私は例によって音響係で雇われています。
このイベントは主催者の人望からすると意外なほど、いいミュージシャンが出演します。

小野さん信ちゃん

左がそのSHINちゃん。右は仕事でたいへんお世話になっているパソコン講師O先生のご主人です。
勝手に掲載してスミマセン。

私

私はいいミュージシャンではありませんが、
今回(12月5日)は忘年会ライブだからということで、演奏者としても出させてもらいました。
いやあ、写真からは音が聞こえないので助かります。

謎の空間へ

文化会館屋根裏1

ここがどこだか判る人いますか?

ここはですねえ、須崎市立市民文化会館大ホールの天井裏ながです。

なんで天井裏に上ったかというと、
28日に行われた須崎市文化祭参加行事「高知岳風会」(詩吟)のお手伝いをしたからなんですね。
今回のミッションは、センターピンを打つこと。
つまり舞台上の演者にスポットライトを当てる役割ながです。

センターピン入口

文化会館の大ホールの天井は5階建てくらいの高さがあって、
その天井裏にセンターピン室があります。
これが入口。

ピン打ち

これがセンターピンスポット。
これではるか眼下のステージ上の演者に狙いをつけ、スポットを当てます。

ステージ遠望

前方のテレビ画面みたいに見えるが、大ホールのステージです。
高いところにあるのがわかるでしょう?
写真では分かりづらいのですが、窓ガラスが傾斜してついているので、
慣れるまで落っこちそうな恐怖感があります。

この部屋に4時間こもって、ライトを当てました。
注目されることを、スポットライトを浴びる、といいますが、
実は、浴びている本人には、ライトが当たっているのが実感しにくいんですよ。
自分の姿が見えないもんですから。
プロフィール
須崎の良いものが集まった「すさきすべからく」を運営するスタッフです!須崎のために日々奮闘中!!

すさきすべからく

Author:すさきすべからく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。